世界みんなマンガ

”世界みんなマンガ”はマンガ文化の発展を目的とした特定非営利活動法人です。

Schoolみんなマンガ塾

  • 自己紹介/企画の作り方
    自己紹介/企画の作り方

    「主語・述語」の概念を使って、8ページマンガの企画のもとを作ります。脳みそを柔らかくして、色々な視点でアイデアを出しましょう! また、お互いのアイデアを見せ合い、アドバイスし合うこともあります。

    +初心者のための作画作画が苦手な人、まだ描いたことがない人には「顔の描き方・人体の描き方」の授業をやります。まずは人体の構造を詳しく理解しましょう!

  • プロットの作り方
    プロットの作り方

    企画を膨らませて、簡単なプロット(あらすじ)を作ります。「起承転結」の概念を用い、面白いシチュエーションと、滑らかなストーリーづくりを意識しましょう!

    +初心者のための作画作画が苦手な人、まだ描いたことがない人には「表情の描き方」の授業をやります。前週の「顔の描き方」で学んだ顔に、喜怒哀楽を与えてみましょう。

  • 台割りの仕方
    台割りの仕方

    ネームを描く前に台割り(ページごとに何を描くかを決める箱書き)を作ります。8ページマンガは5つの見開きで構成されます。その5つの見開きにどんな情報を収納していくのか、優先順位を決めて入れ込んで行きましょう!

    +初心者のための作画作画が苦手な人、まだ描いたことがない人には前週に引き続き「表情の描き方」の授業をやります。人間の表情は複雑です。「喜怒哀楽」からはみ出る感情を描くことで、表現の幅を広げていきます。

  • ネームの描き方1
    ネームの描き方1

    ネーム(コマ割りをしたラフ画)を描きます。いわゆる「顔マンガ(正面顔でバストアップばかり)」になっても大丈夫! いきなり難しいコマ割りはせず、前週までに書いた台割りに忠実にコマ割りをしていきましょう。わからない人は講師の先生にどんどん質問しましょう!

    +初心者のための作画作画が苦手な人、まだ描いたことがない人には「キャラクターデザイン」の授業をします。プロのマンガ家はキャラクターデザインがとても上手です。顔が区別できるように描くだけでなく、キャラクターのフォルムを大胆にアレンジすることで個性的なキャラクターを作りましょう!

  • ネームの描き方2
    ネームの描き方2

    一点透視図法と二点透視図法を学ぶことで、背景の描き方を習得します。透視図法は覚えているとマンガ以外でもとても役立つもの。覚えるまで少しややこしいですが、ぜひ乗り越えて覚えてください!

    +初心者のための作画作画が苦手な人、まだ描いたことがない人には「人体のさまざまなポーズ」の授業をします。すでに、さまざまな絵が描けるようになってくる時期です。そのスキルを活かし、キャラクターに色々なポーズをさせてみましょう。難しいポーズは写真で撮って、それを参考にするとよいです!

  • ネームの修正の仕方
    ネームの修正の仕方

    ネームの修正の仕方を学びます。ネームを直せるのは2回まで! どのように手を施せばよいでしょうか? 込み入ったコマ割りは必要ありません。読者が脳みそをほとんど使わなくても理解できるコマ割り、キャラクターのアングル、セリフなどをチェックします!

    +初心者のための作画作画が苦手な人、まだ描いたことがない人には「背景のおさらい」の授業をします。背景はマンガにおいてとても大事です。1度ではなかなか覚えきれない一点透視・二点透視について、復習をしながら実際に背景を描いてみましょう!

  • 原稿用紙の使い方/下描きの仕方1
    原稿用紙の使い方/下描きの仕方1

    原稿用紙の使い方を基礎から学びます。「内枠」・「外枠」・「ノド」などを覚え、マンガの原稿のルールを覚えましょう! それを理解したらいよいよ下描き。自信を持って、ネームを原稿用紙に描いていきます。原稿用紙はA4の同人誌サイズで行います。

    +初心者のための作画作画が苦手な人、まだ描いたことがない人には「コマ割り」の復習をします。読者の視線を上手に誘導するために、どういうコマ割りをすればよいかをもう一度おさらいしましょう。

  • 下描きの仕方2
    下描きの仕方2

    原稿用紙を汚さずに丁寧に下描きをする方法や、上手に描けないコマ、苦手なアングルなどを克服法も学びます。実際に作画を始めてみて、苦労しているところなどを講師に質問しながら授業を進めます。

    +初心者のための作画作画が苦手な人、まだ描いたことがない人には「男女の描き分け」の授業をします。短編マンガは、ほとんどの場合において、男女がともに登場します。男子を描くのが苦手な人は徹底的に男子を、逆に女子を描くのが苦手な人は徹底的に女子を描き、魅力的なキャラクターをデザインしましょう!

  • ペン入れの仕方1
    ペン入れの仕方1

    いよいよGペン・丸ペンを使ってペン入れの作業をします。Gペンでは線に強弱が出るように意識しましょう。原稿用紙を回しながら使ったり、定規に1円玉をくっつけたり、きれいな原稿を作るための細かいノウハウも学びます!

    ※原稿作りが佳境に入るため、初心者のための作画の授業は行いません。

  • ペン入れの仕方2
    ペン入れの仕方2

    前週に引き続きペン入れの技術を学びます! 丸ペンをどのように使うと背景がきれいに見えるかなど、細かい部分も学びます。また、ペン入れに失敗してしまった時のためのホワイトの入れ方もマスターしましょう!

    ※原稿作りが佳境に入るため、初心者のための作画の授業は行いません。

  • トーンの使い方
    トーンの使い方

    トーンの貼り方・削り方を学びます。特に削りについては1回の授業でなかなか学びきれません。原稿を立体的に見せ、のっぺりとした印象を与えないためには必須の技術です! ぜひ前向きにチャレンジしてみてください。

    ※原稿作りが佳境に入るため、初心者のための作画の授業は行いません。

  • 講評会
    講評会

    それぞれ完成した作品を見せ合い、講評会を行います。まだ原稿が完成していない生徒がいる場合は、みんながアシスタントになって、仕上げを手伝います! お菓子などを食べながら、全員でお互いの原稿を褒め合いましょう!

    ※原稿作りが佳境に入るため、初心者のための作画の授業は行いません。

Inquiry

講師募集、生徒募集や今後の開校予定など、
"世界みんなマンガ"の活動にご興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。